KURAND MAGAZINE
【母の日に贈りたい1本】喜んでくれる母の顔が浮かんでくる

ライフスタイル

5/2/2022

【母の日に贈りたい1本】喜んでくれる母の顔が浮かんでくる

いつもの晩酌。頑張った自分へのご褒美。大切な人との乾杯。家族の団らん。プレゼント。様々なシーンに寄り添い、テーブルを彩るお酒。

色んなお酒があるけれど、どんなお酒が手土産にふさわしいのかわからない、というあなたへ。

今回は、300種類以上もあるKURANDのお酒を、誰よりもよく知る私たちKURANDスタッフが、母の日のギフトに贈りたいおすすめの1本を紹介します。

語り手

YUIKA

商品のクリエイティブ開発をしています。最近サウナにはまり、ととのうを覚えました。銭湯帰りにふらっと立ち寄った居酒屋さんで飲む1杯目のビールは格別です。

喜んでくれる母の顔が浮かんでくる

母の日のギフトに贈るお酒を選ぶなら、私は「梅鹿」を選びたいです。

実家で自家製梅酒をつくっていたこともあり、プレゼントするなら梅酒がいいかなと思いました。

鹿が描かれたピンク色のラベルデザインも母の日にぴったりで、「何これ!可愛い!」と喜んでくれる母の顔を勝手に思い浮かべてしまいます。

とにかくバランスのいい梅酒です。梅の完熟果肉が入ったトロッとしたテクスチャーで、芳醇な甘みが感じられながらも、酸味が効いているから甘ったるさを感じさせない。

梅本来の味わいが感じられ、スッキリと飲めるところが魅力です。

飲み方は、ロックグラスに氷を入れて、シンプルなロックスタイルをおすすめします。

ソーダ割りで飲みましたが、梅鹿の良さが薄まってしまってもったいないなと感じたので、ロックか割らずにそのままストレートで飲んでもらった方が良いかなと思います。

料理は、餃子や春巻きなどの中華料理と合わせたいです。

餃子も春巻きも味がしっかりとしているので、梅の果肉が入っていてトロッとしたテクスチャー、まろやかなコクが料理の旨みと絶妙にマッチします。

また、梅の爽やかさが油っぽさを消してくれます。

母の日には、お母さんと一緒に楽しめる「梅鹿」を選んでみてはいかがでしょうか?

梅鹿

奈良県・西吉野産の完熟梅をブレンドして造る、とろとろ果肉のにごり梅酒です。ねっとりと舌に絡む官能的な果肉は、まろやかで桃のような甘み。

氷と絡み合う果肉を愛でながら、一口ずつゆっくりとご堪能ください。

この商品を詳しく見る

酒ガチャバナー